常磐沖の船釣りがメインのブログ

常磐沖の船釣りがメインのブログ

船釣り釣行の忘備録が多いブログです

一年ぶりに沖メバルでした。

f:id:flsts2002:20220611214827j:image

 

天気予報では生憎の雨模様でしたが降られることなく終えることができました。

梅雨入りしたこの時期は、海が荒れる事も多いため釣行も減るのですが好調なメバルに行ってきました。

ホームページの状況を見ていても更新がなく出船するか怪しかったのですが、予約の電話をすると大丈夫とのことでお願いしました。

今日は6名乗船。行程40分ほどで、水深は85m前後。フラッシャーサビキにサバの切身を付け、錘は80号。凪でメバル日よりではあったのですが、サバの猛攻が凄まじい。

落とす途中、回収する際や、メバルが掛かっても、からバリにも、兎に角凄い数で、仕掛けは痛むし、手は痛いしで苦戦しました。

都度ポイントは移動するのですが、直ぐに寄ってきてしまい、終始サバに苦労した一日でした。

茨城県は鯖の水揚げ日本一だと聴きました。マサバも釣れますけどメバル狙いの沖合では、基本ゴマサバですかね。

今回は、自作仕掛けでムツ針14号を使ってみたのですが、確かに外れにくいが餌も付けにくい。よって外道のサバ攻撃を食らうと手返し悪く針折れも多く、ハリスを細くして切られるのがよいのか、外しやすい針が良いのか要検討。

サバさえいなければムツバリは良い選択です。

釣果は、メバル25、サバ16、アジ1でした。

だいぶサバは逃しましたが、大きかったのでクーラーもかなり埋まりましたが、帰ってからの処理が大変で、台所に飛び散った鱗などで汚してしまい只今気まずい雰囲気となっています。

メバリングでクロメバルは以前良くやりましたが、船からのクロメバルもやってみたいものです。

那珂湊では、エギタコスタートしたようです。どこも秋口までは釣れるものならと、ヒトツテンヤやジギング専門船でない所は、五目釣りでしたが、昨年からエギタコに切り替えてますね。

数年前にはワームでマゴチが流行りましたが、今では釣果も安定せず船も減りました。同じようにタコも減りすぎなければ良いのですが。話題がそれたのでこの辺で。

今シーズンのヤリイカ納めで砕け散りました。

f:id:flsts2002:20220507182114j:image

シーズン3回目のヤリイカでしたが、ヤりたいことは来年まで試せなくなるので、仕掛けと道具をちょっと変えて釣行としました。

常磐沖のヤリイカは産卵のために浅場きているものがメインとなります。水深にして今日は40〜50mほど。

錘は100〜120号ですが、釣り方講座的なシャクリだと、浅いため錘が弾け上がる感覚があり、ロッドパワーが強すぎるとの考えからタチウオロッドがベストなのかもしれませんがもっていないのでタコエギロッドを使ってみました。

可もなく不可もなく、ヤリイカロッドより柔らかいので中を弾きにくいのでこれはこれであり。ただ、120号背負うとチョットキツイので80号で通しました。

第一投目、直ブラ5cm5本仕掛けにてスタート。周りも電動リールの巻き上げる音が余り聞こえてきません。着乗りしてないようで、これは渋いと察する状況。ならばと色々と誘い方を変え、優しく誘って落とし込んでと先ず1杯釣り上げます。

ここまでは周りのペースについて行けるのですが、以後、ズルズルと引き離されていきます。

直ブラには、チョット活性低く合わなそうなので、ブランコ7本に変更しポツポツと釣るのですか、開始2時間で3〜4杯のペース。ツ抜けが難しいそうな予感のなか、ミヨシでオモリグを使ってコンスタントに釣り上げる人がいました。

また、釣り上げたヤリイカも桶の底でじっとしているので低活性なのがわかります。

ならばと、べた底に仕掛けを這わせるように中錘を付けてみたり、ハリスをかなり長くしてみたり試すものの、何度か触った程度で針にかかりません。

集中力も切れてきましたが、最後に手返し重視の3本針の、至ってシンプルなプラヅノのブランコ仕掛けで、べた底に固執せず5mまで誘い、落として誘いと基本に戻ると良いペースで追い上げ開始。

良いペースで釣り上げ、途中船長がやってきてかなり釣ってる?と聞かれましたが、丁度釣れだしただけで、その時で11杯。最後に1杯追加し、12杯で終了となりました。平均よりは釣れたのかな?といったところでした。

ヤリイカはムラもありますが、釣る人はちゃんと釣るんですよね。

自分なりのまとめは、高活性は、直ブラで掛けていく。その他は、ブランコが無難で数がまとまる。

欲張らず3〜5本針で充分。

シーズン最後は、オモリグもあり。ただし、メタルスッテはかなり空いているときじゃないと、オマツリで迷惑をかけるのでやらない。

落とし込みで上げと下げで、しっかり誘う。乗ったら軽く合わせる。早巻きはしない。追い乗りは、欲張らずに手返し重視。といったところでしょうか。


f:id:flsts2002:20220507185426j:image

ご馳走様でした。

ヤリイカの復習釣行でした。

f:id:flsts2002:20220504213559j:image

記録更新した先回の感覚を忘れないようにすることと、ゴールデンウイーク明けぐらいには終盤となるヤリイカに行ってきました。

今回は県央から出船し、大洗沖がポイントとなりました。行程40分程で水深は60から70m程で、左舷に纏まり片流しの錘120号でした。

船にある投入機を借りましたが一投目から引っ掛かり扱いにくいので、いつものように一つ一つツノを落とすことにしました。

前回は直ブラがかなり良かったのですが、釣れないのが先ずはツノのせいではないことを再確認するためブランコでスタート。早速中りましたか途中で落ちたり足切れしたりと相変わらず成長しませんね。追い乗りなどもせずに手返し良く落とした方が良いとの、船長からのアドバイスもあり、良いときは3点がけありました。

開始2時間と、流し替えは纏まりますが、後半は、拾い釣りになるのは何時ものパターンでしたが、お祭りが結構多かったですね。

直ブラも試しましたが、私だけサバの猛攻で直ぐにグチャグチャ。なんだか、再度路頭に迷いそうです。隣の方が竿頭でしたが取りこぼしなくまとめている感じで、わたしは24杯に対して倍以上釣ってました。う〜ん、ここまで離されてしまうと、何が悪いのかどうにも分からずモヤモヤしています。


f:id:flsts2002:20220504215419j:image

沖漬けも造ってみました。私にとってはイカが一番難しく。相性が悪いですね。近々リベンジしてきます。


f:id:flsts2002:20220506165920j:image

ヤリイカ釣りに行きました。


f:id:flsts2002:20220424203914j:image

結果から、37杯でしたが記録更新です。

先週辺りから浅場でも釣れ始めヤリイカですが、いつもパットしないため、今年は上達すべく考えながら同じことばかりせず釣行しようと思っていました。まず、仕掛けを前日釣具屋で購入。使い回しの仕掛けは、イカの乗りが悪い。と言われているため。

そして、サバが多いので直結と行きたいところですが流石にそれは今回はスルー。その代わりコリもせず自作の直ブラは持っていきました。以前はスッテなども試しましたが、王道のイカヅノ11cmで少なめ五本針としました。


f:id:flsts2002:20220424205139j:image

4時半集合、5時出船でポイントまでは三十分ほど。すでに大きな船団がヤリイカ狙いで集まっていました。やる気十分。

f:id:flsts2002:20220424204806j:image

投入機は持っていないため、手前まつりしないように注意が必要ですが、まずは1つ釣り上げるべく集中して誘います。

一般的な誘いは、竿で聞き上げてストンと落とす。の繰り返し。今までもやっていましたが、今回は乗ったら合わせを入れることを実践するようにしました。それは竿で合わせる場合もあれば、錘の重さで落とし合わせることもありますが、今までは巻合わせとは違うことが変化点。

で、効果はあったと思います。が、取込みで水面で落下させることは相変わらずで、取込みが下手なのでとにかくテンションを抜かず引き上げる事の方が重要なのを再認識しました。

ただ、サバが多いので試しに直ブラに変えたのですがブランコでは気づきにくい抱きつきか感度良くわかるため、この合わせについては大きな収穫となりました。

そして、合わせたら途中で落ちるものは、ゆっくり巻いてもどうせ逃してしまうなら手返し重視である程度の早巻きが有効とあったため試してみましたが、これは全く駄目。というか、状況にもよるのでしょうが余計にバレる気がしました。

このイカズノ釣れないな。と思っていたものでも実は拾えないだけでイカは結構アタックしてきているんですね。載せられないだけ。それが直ブラにして触りがよくわかりました。

毎回新しいブランコ仕掛けを使う人は、それに越したことはないですが、使い回しする場合には直ブラオススメ。以降、直ブラメインでしばらく試してみて記録更新したいです。

直ブラは

、直結と違うのでサバ回避率は変わらないと思いました。

 

那珂湊沖のタコエギ


f:id:flsts2002:20220123185057j:image

 

寒いですが防寒対策をしっかりとして行ってきました。

会社の同僚が、以前からタコ釣りをやってみたいと言い続け、今回やっと実現しました。私自身は、年に1〜2回やっていますけど、ツ抜けできずにいますが、初めての2人と私の3人で那珂湊から常磐マダコ釣りです。

初めて乗る船でしたが、集合時間の5時に対し4時に港に着いたときには恐らく本日乗船した人は席取りのためなのか既に全員が集まっていたのではないでしょうかね。私は船も席もお任せなので時間になるまで車の中です船長が来るまで待ってました。

さて、左舷のミヨシ側に陣取りポイントまでは30分程。水深は35m程ですがうねりが強く釣りにくいです。

一流し目、二流し目と反応無く過ぎていきます。やはり想定通り厳しい展開となりました。

仕掛ですが餌木と小さなテンヤにガザミ仕掛けの半身を巻いたものををそれぞれ一つずつ付けていましたが、全く中りがないため豚バラ巻いたり、色を変えたりして探っていきました。

誘いもパターンが合い始めると少しずつ数をのばし最後は6杯で納竿。厳しい展開でしたが竿頭のようでした。4杯が4名ほど。船酔いでノックアウトの人もいれば、頑張って誘い続けてもボウズの人など、20名ほど乗っていましたが、若い女性が2人乗ってましたが上手に良い型を釣ってました。

同僚は、新子ひとつとボウズ。初めてのチャレンジには難しい日でしたが、へそ曲げずに、また行きましょう。